体?恋愛?今と昔の熟女専門の出会い系サイトの違いとは?

体?恋愛?今と昔の熟女専門の出会い系サイトの違いとは?

出会い系サイトも、今と昔ではかなり様子が違ってきました。

それは、出会い系サイト会員の男女比から見ても明らかです。

昔よりも、今のほうが、女性の数が圧倒的に多いのです。

それは何故でしょうか?

出会い系サイトというのは、ひと昔前までは、そこで会うのならセックスをして当たり前、のような風潮がありました。

数少ない女性に、多数の男性がこぞって群がり、やらせてくれ、やらせてくれと懇願する。

通常の恋愛などまるで存在しないかのようで、一夜を共にすること、セックスフレンドを作ることが、出会い系サイトを使う人々の唯一最大の目的でした。

また、今よりも援助交際は蔓延していましたね。

特に未成年の。

昔は出会い系を使うのに身分証のコピーや写真なんか必要ありませんでしたから、中学生、高校生が平気でサイトを使い、自らの体を売っていたのです。

それもそのはず、出会い系というのは、男女の出会いといえばテレクラ、という時代に、携帯電話の普及と共に急速に成長した業界であり、テレクラを使っていた人たちが、より便利な出会い系に移った、という感じで、そこでなされるやりとりや、生まれる出会いというのも、テレクラとなんら変わらない、今の時代でいえば「不健全」なものでした。

しかしそこから、出会い系サイトのあり方というのが、徐々に見直されていきます。

いつまでも、犯罪を助長するような場所と思われていては、ある一定のところから、それ以上の成長はできなくなってしまいますから。

そこで出会い系業界が打ち出したのが「恋愛作戦」です。

セックスフレンド募集だけでなく、純粋な恋人を探す、見つけるための設備を整えました。

そのおかげあってか、最悪だった出会い系のイメージも少しずつ改善されていき、今では出会い系サイトは、肉体関係を主とする出会いだけでなく、恋をしたいという人にももってこいの場所、というイメージが定着しました。

体だけか、「恋愛も」か。

それが、今と昔の出会い系の違いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする