服を捨てる際の基準はどういった感じなのでしょうか?

服を捨てる際の基準はどういった感じなのでしょうか?

服とかは沢山保有していたりすると着用しなくなったものとかが多く出てくるかと思いますが、捨てる時の基準に関しては人それぞれ異なっているため、自らの捨てる基準というものを作るのが大切となっています。

長く保管していたものとかで、トレンドとかに合わないような服とかサイズがきつくなってきたもの、年齢に合わなくなってきた服、保管状態が微妙なものとかを見つけ、それを捨てるかどうかの基準を作り、個人的に対応していくことが必要となってきます。

捨てるのはもったいないと感じた時は衣類とかを買取してくれる店舗とかに持っていて、買取対応を受けてもらったり、メルカリとかラクマといったフリマアプリとかもあったりするので、そういったところに出品してお金に変えてしまうという手もあったりします。

上記のアドバイスはあくまで一つの手として覚えておいてもらえたら幸いであり、捨てるのがもったいないという衣類に関してのことになっているため、把握をお願いします。

捨てると決めた服とかについては、萌えるゴミとして捨てることができるため、ゴミ回収車の方にお願いして回収してもらうようにすることができます。

捨てる服が沢山あったりする時はかさばらないようにハサミとかできったりして、うまく地域で決められたゴミ回収車に回収してもらう袋に入れて捨てれば対応が終わります。

最後になりますが、服を捨てる基準というのは自らで決めるのが一番手っ取り早いため、自分なりのルールを決めて、うまく断捨離とかをしていくことが大切となっています。

あわせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする