出会えない系サイトに注意!出会い系には優良、悪徳のふたつがある

出会えない系サイトに注意!出会い系には優良、悪徳のふたつがある

優良、悪徳

みなさんは、出会い系サイトを使ったことがおありでしょうか?

敷居が高く感じる、架空請求や詐欺などが怖い、本当に出会えるのか疑問、それらの理由から、中々手を出せないという人も多いのではないでしょうか。

そういう方々には、まず、出会い系サイトには「優良」と「悪徳」というものがあることを理解していただきたい。

これはどんなものでもそうですね。良いもの、悪いものがある。

出会い系サイトにもこれが当てはまります。

優良出会い系サイト、悪徳出会い系サイトの特徴

さて、それでは優良出会い系サイトとはどんなものか?

これは、先述した初心者の不安すべてを解消しているサイトのことです。

デザインは綺麗、お洒落で、マスコットキャラクターがいたり、ユーザーそれぞれにアバターが用意されていたりして、まるで普通のSNSのようであることが多く、また、男性に対し女性であると嘘をついてメールしてくる雇われ人、いわゆる「サクラ」がおらず、低料金で、実在する女の子しかいない。これが優良サイトです。

逆に、悪徳出会い系サイトというのは、初心者の不安を、ありがたいことにすべて現実のものとしたサイトです。

デザインはテキトーで、性に関する相手しか募集してはいけないようなシステム(掲示板の種類などにこれは顕著に現れます)、優良サイトとは比べ物にならないほど高料金で、かつ、サイトにはサクラしかいない。

しかも、登録したアドレスにわんさか迷惑メールを送りつけたり、架空請求の請求先として使ったりします。怖いですね。

しかし、このような悪徳サイトが実在するのは事実であり、また、優良サイトが実在するのも事実です。

優良、悪徳の割合

それでは、ネットにあるすべての出会い系サイトのうち、優良サイトがどれくらいで、悪徳サイトはどれくらいなのでしょうか。

はっきり言ってしまいますと、優良出会い系サイトの割合は、ほんの1割から2割です。

その他のサイトはすべてが悪徳であり、「出会えない系サイト」です。

どうしてこのような割合になってしまうのかといいますと、やはり、悪いことをして稼ぐほうが簡単なんですよね。

優良サイトとして名を挙げてしまえば、広告などもされ、どんどん会員は増えていきますが、名の知られていないうちは、自ら宣伝活動をするなど様々な努力が必要です。

だったら人を騙して稼いだほうが楽だしイイ、というのが悪徳出会い系サイト運営者の考えです。

とんでもない思考回路ですが、実際に、騙される人はいて、悪徳サイトが儲けているのは事実。

それだから、悪徳サイトはなくならないのです。

悪徳サイトを根絶するには、まずあなたが騙されないことが大切です。

どんなに良さげなサイトでも、まずは悪徳でないかと疑ってかかる、それが、悪徳サイトを根絶するために必要な我々ユーザーの意識であり、被害を未然に防ぐ防衛線であるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする